「いずれやめるかもしれないけど今だけは「かっこよく吸いたい」」

「一番のリラックスタイムはやめられない」

年々喫煙者は減っているけど、やっぱりかっこよくタバコを吸いたい男性のロマンはガスライターですよね。

ガスライターの代名詞と言えばデュポン。

その中でも特におすすめなのが『限定品ライター』です!

というわけで今回はデュポンの限定品ライターはもちろん、デュポンの歴史や中古の相場、そしてガスの入れ方などについてのご紹介していきます。

もちろん中古品ではありますが世界リミテッドの商品になりますのでコレクションとしてお探しの方は必見です!

それではさっそくみてみましょう。

S.T Dupont デュポンの歴史

デュポンのライター

History

S.T Dupont

「成功者の証、そして男のステータスシンボル」

1872年若きシモン・ティソ・デュポンによって設立されたS.T.Dupont(デュポン)。 彼の工房が作り出した高級革製品は瞬く間に上流階級に受け入れられ、パリのラグジュアリーブランドの地位を確立。

1941年戦争により原材料の入手が困難になると、エス・テー・デュポンは高級ライターの製造に乗り出します。 画期的な炎を調節できるガス・ライターが誕生するのは1952年。ロングセラーを続ける伝説的なライン1モデルです。

ライン2、ギャッツビーをラインナップに加え、S.T.Dupont(デュポン)は高級ライターの代名詞といえる存在になりました。

美しく、高価に、斬新に。精緻を極める彫金技術、装飾加工、独特の開閉音。 S.T.Dupont(デュポン)のライターは社会的な成功者の証、そして男のステータスシンボルです。

引用:akiha-web

デュポン・ライターの中古買取価格の相場

ギャッツビー GATSBY ~150000円


デュポンのライターでダントツ人気が高いのがこの「ギャッツビー」

特に有名なのが型番でいうと18137。

ドラマ使用されていてかなり話題になっていましたね。

多くのモデルが販売されているギャッツビーは買取の価格も様々。

高いものは15万円くらいまで高値がつきます。


ギャッツビーライター

5.5cm x 3.7cm x 1.1cm
緑のガスレフィル

ライン1 LIGNE1 ~50000円

デュポンの歴史的なモデル「ライン1」。

ほとんどのライン1が今では改良され、ライン2に変わりつつあります。


ライン1ライター LIGNE 1

小モデル 4.8cm x 3.5cm x 1.4cm:ゴールドのガスレフィル
大モデル 5.8cm x 3.5cm x 1.4cm:赤いガスレフィル

ライン2 ~150000円


ライン1を改良したのがライン2です。


ライン2ライター LIGNE 2

6.2cm x 3.7cm x 1.1cm:ゴールドのガスレフィル

ライン8 ~30000円

軽量化されてリーズナブルな価格設定となっているのがライン8。

価格帯もデュポンライターのラインナップそこまで高くありません。

デュポンの装飾は3種類

エス・テー・デュポンは3種類の装飾が用意されています。

金、銀、パラディウム(耐久性に優れたプラチナの一種)を使用した繊細な細工のジュエリー 装飾

斬新で鮮やかなカラーを多種用いた現代的な装飾

絹のようにやわらかな手触りと、真珠のような輝きを持つ純正漆は、製品に高貴で神秘的な 透明感を与えます。

純正漆の深い奥行きは、決して合成塗料が作り出すことのできないものです。

ファベルジュの工房で作られた、すべてのエス・テー・デュポンの純正漆製品は、このすばらしい素材を身にまとっています。

エス・テー・デュポンの純正漆製品には、純正漆の証として「Laque de Chine(純正漆)」という刻印と森の木の葉をかたどったマークが付けられています。

デュポン・ライターのガスの入れ方

ライン1、ライン2ライターとギャッツビーライターの場合

  1. ライターの底ネジのリングを引き起こし、左に回してはずします
  2. 注入バルブの頭をドライバーなどで押し、ライター内部に残っているガスを完全に抜きます。
    理由はガスが残っているとガスが入りにくくなるのとガスを抜くことでライターが冷やされるからです。
  3. ガスは温度の高い所から低いところに流れますので、ガスレフィルを手で握って温めてください。
    ライターとガスレフィルの温度差が大きいほど、ガスが早く注入されます。
  4. ライターを逆さにしてレフィルを注入口に無理せずに垂直に奥までねじ込みます。
    ガスを充填中、ボンベを注入口にねじ込んだままレフィルを握り、上下に数回振ると効率よくガスを充填できます。
  5. レフィルがライターにねじ込まれた状態で、レフィルの半透明部分にガスの液面が見えればガスはほぼ注入完了となります。

ラインDライターの場合

  1. ライターの底ネジAのリングを引き起こし、左に回してはずします。
  2. 注入バルブの中にガスレフィルをまっすぐに差し込み、奥に向かって無理のないように押します。
    1本のガスレフィルでライターを2度充填できます。

デュポン・ライター別の火の調整方法

ライン1ライター

デュポンライターライン1の火の調整方法

調節ネジがライター上部にあり、そこで調整できます。

ライン2ライター、ギャッツビーライター、ラインDライター

デュポンライターの火の調整方法

調節ネジがライターの底部にあります。

炎を大きくするには調節ネジを+の方向に動かし、炎を小さ くするには調節ネジを反対方向に調節します。

ライターの豆知識

炎が大きくなればそれだけガスの消費量が増えてしまうので適切な大きさで使いましょう!
キャップを開けていると常にガスは出続けてしまうので使ったら直ぐ閉める!
ライターの炎は自動的に消えないので消すにはキャップを閉じてください。

デュポン・ライターのフリントの交換の仕方

ライン1ライターの場合

デュポンライターライン1のフリントの交換方法
  1. 爪でリリースボタンDを完全に下まで下ろすと、スライドが後方に退きます。
  2. スライドの下の穴の中に入っている予備のフリントを取り出すには、ヤスリを指でおさえながらライターを前方に傾けます。
  3. フリントはヤスリに相対するように溝の中に横にして差し込みます。
  4. スライドの下の穴の中に新しい予備のフリントを入れ、スライドを指でしっかり押さえながら前方に引きます。この時、リリースボタンDは完全にもとの高い位置にもどっていなければなりません。これでライターを使う準備が整いました。

ライン2ライターとギャッツビーライターの場合

デュポンライターライン2、ギャッツビーのフリントの交換方法
  1. 爪でリリースボタンDを完全に下まで下ろすと、スライドが後方に退きます。
  2. スライドの下の穴の中に入っている予備のフリントを取り出すには、ヤスリを指でおさえながらライターを前方に傾けます。
  3. フリントはヤスリに相対するように溝の中に横にして差し込みます。
  4. スライドの下の穴の中に新しい予備のフリントを入れ、スライドを指でしっかりおさえながら前方に引きます。この時、リリースボタンDは完全にもとの高い位置にもどっていなければなりません。これでライターを使う準備が整いました。

ラインDライターの場合

デュポンライターラインDのフリントの交換方法
  1. 爪でリリースボタンDを完全に下まで下ろします。
  2. スライドGをキャップの方向に動かなくなる所まで完全に滑らせ、次に上に持ち上げながら、はずれる所まで前方にゆっくりと戻します。
  3. スライドの下の穴に入っている予備のフリントを取り出すには、ヤスリを指でおさえながらライターを下に傾けます。
  4. フリントをヤスリに相対するように溝の中に差し込みます。
  5. スライドを元の位置に戻すには、
    ースライドのP部分が穴Tの上になるようにスライドを置きます。
    ー親指と人差し指でスライドをはさみ、下におさえつけて定位置にはめ込みます。
    ースライドをおさえたまま、ロックの位置まで完全に前方に戻します。(この時、スライドはヤスリにかぶさる状態になります。)
    ースライドがロックの位置まで進まない場合、無理に動かさない で下さい。ヤスリが正しい方向にはめられているか、フリントがヤスリにしっかり相対してはめ込まれているか確認してください。

デュポン・ライターの正しいお手入れ方法(公式)

こちらではデュポンライターのお手入れの方法についてご説明します。

公式マニュアルに載っている内容をもとにまとめた内容なのできちんと守って管理すれば末永く愛用できると思います!

ライター本体のお手入れ

ライター本体を磨く際には、仕上げ加工の種類に関わらずやわらかな布でお拭きください。

溶剤を用いた薬品等は使わないでとメーカーから声が出ていますので極力使わないようにしましょう。

シルバーメッキの部分のお手入れ

シルバーメッキの部分は市販の銀製品用磨き布を使いましょう。

しかし、磨き液など、液状のものは故障の原因となりますのでご使用にならないようにしてください。

純正漆部分のお手入れ

純正漆が塗られた部分に関しては眼鏡のガラスや宝石と同じようにお手入れしましょう。

表面に蒸気をかけてやわらかい布で拭くのもOK!

漆は酸によるダメージをほとんど受けませんし、非常に硬いのが特徴。

特に衝撃に対する耐久性が非常に高くて引っかき傷がつきにくく、摩擦や水による消耗によく耐えます。

正しいお手入れ方まとめ
ライター本体 ⇒ やわらかな布でOK!
シルバーメッキの部分 ⇒ 市販の銀製品用磨き布でOK!
純正漆部分 ⇒ 眼鏡のガラスや宝石と同じようにお手入れOK!

デュポン・ライターのガスレフィル表

純正モデルに対応したガスの色表がこちら

デュポンライターのモデル別ガス色

デュポンのライターはモデルごとにガスレフィルが決まっていて必要な圧力や充填量が異なります。

モデルに適応したレフィルを使わないと長く使えなかったり、故障の原因にもなります。

なのでガスレフィルが違いますので間違わないように注意しましょう。

デュポンの中古ライター限定品一覧

ランデブー ソレイユ|ガスライターライン2

2,500個限定で発売された希少な限定アイテムとなります。

ジェームスボンド|ガスライターライン2

2004年に世界限定5,007個限定で販売された「ライン2 007ジェームスボンド」になります。

メディチ MEDICI|ガスライターライン2

精巧に作りこまれた装飾の数々に目を奪われてしまいます。

ギャッツビー タージマハル|ガスライターライン2

豪華な装飾が施された2,000本限定の希少なガスライターです。

センターには花のような紋章にグリーンのストーン、周りにはシェルが施されております。

ダイヤモンドコレクション|ガスライターライン2

2007年限定のライン2ブラックラッカーダイヤモンドコレクションになります。

テアトロ アルルカン仮面|ガスライターライン2

劇場への賛美から生まれたテアトロ、アルルカンの仮面とリラの花などが描かれています。

まとめ

いかがでしたか?

デュポンの限定ライターは男性のステータスをワンランクアップしてくれるアイテムということには間違いありません。

先程ご紹介したガスの入れ方など管理方法さえしっかり覚えておけば末永く愛用できる素敵なアイテムだと思います。