今回ご紹介するアイテムは『プラダ』ピンクカラーのレディースショルダーバッグです。

本商品は2WAYショルダーバッグとしても使える非常に鮮やかな色が特徴の逸品でございます。

それでは『プラダ』ピンクのレディースショルダーバッグをさっそくみてみましょう。

『プラダ』のHistory

世界的ブランド『プラダ』はどんな歴史を歩んできたのか?

プラダの歴史

History

PRADA

1913年創業のイタリアを代表するブランド、PRADA(プラダ)

1978年に創業家3代目のミウッチャ・プラダがデザイナーに就任。

『日常を贅沢に飾る』をコンセプトに、現代的で革新的な素材使いやデザインの斬新さ、伝統や歴史等のみごとな調和で世界的なブームを巻き起こしました。

工業用防水ナイロン素材『ポコノ』を用いたバッグが話題となり、その人気は不動のものとなります。

1993年にはミウッチャ・プラダの幼少期からの愛称を冠した『miu miu』を発表。

両ブランドともに、絶大な人気を確立しています。

引用:reclo

『プラダ』レディースバッグのオーバービュー

こちらでは『プラダ』ピンクのレディースショルダーバッグの外見や全体的なイメージをご紹介します。

プラダの人気レディースバッグ1 プラダの人気レディースバッグ2 プラダの人気レディースバッグ3 プラダの人気レディースバッグ10

『プラダ』レディースバッグのインプレッション

4
9
8
7
6
5
デザイン デザイン

プラダのカーフはサフィアーノレザーと言われるほどこだわりを持った素材。

こちらを使用したバッグは少し重量感を感じるかもしれませんがしなやかで丈夫なバッグです。

色合いも明るいピンクはうららかな季節にはピッタリ!

サイズ感 サイズ感

2WAYですのでビジネスでの出張時やプライベートでの旅行やスポーツバッグとして等、容量があるので荷物や小物を持たれる方は使いやすいでしょう。

機能性 機能性

ショルダーストラップがあるので、付けて使用すればどんなときでも両手があくのは便利!

ただ重量が感じられるので荷物が少なくても重たく感じてしまうのはちょっぴりマイナス・・・

素材 素材

素材がレザーですので、やはり水分には弱さが。

染みになったりしますのでお手入れはこまめに行うのがベスト!

高級感溢れるアイテムはお手入れも重要ですよ~

『プラダ』レディースバッグの新品価格や中古相場

新品価格

定価220,320円(税込み)

中古の相場

中古相場100,000円~180,000円

『プラダ』レディースバッグの商品スペックをチェック

ヒント下記の商品スペックをクリックするとスペックの詳細が表示されます。

商品スペック

型番 BN2579
タイプ レディース
ライン
素材 カーフ
重さ 1,150g
付属品 保存用袋 ギャランティーカード ショルダーストラップ ネームタグ
仕様 オープン開閉 メイン収納×2 ファスナー式ポケット×2 オープンポケット×1 両サイドにマチ調節用スナップボタン付き
サイズ 横35cm×縦25cm×マチ18cm
ショルダー/ハンドル長さ 最大116cm/37cm
製造国/製造年 イタリア
カラー ピンク

『プラダ』レディースバッグのご購入方法について

『プラダ』ピンクのレディースショルダーバッグは楽天やヤフーショッピングにて購入することができます。

ポイントを貯めたい方や使いたい方は大手のECサイトがいいでしょう。

しかし、楽天やヤフーショッピングはお店側に手数料が高くつくため、商品価格に上乗せされてしまいます。

だからブランド品の価格は一見安く感じられても実はさらに安く買うことができるのです。

もちろん、大手のECサイトを使わずであればですよ。

ブランド品を少しでも安く手に入れたい方はこのページを最後まで読んで下さい。

『プラダ』のバッグを安く手に入れる方法!

楽天やヤフーショッピングでは手数料のため、どうしても値段が高くなってしまいがちです。

これはどのショップも同じなんですよね。

正規店で買わない限り、少しでもいいものを安く買いたい!

賢いお買い物をするためにはダイレクトショップのご利用がおすすめです。

ダイレクトショップのメリット

  • 大手ショッピングサイトよりとにかく安く購入できる
  • 直接取引できるので対応が早い
  • お値段交渉ができる!!

ダイレクトショップは基本的に値段設定が安くなっていますが、実はそこからさらに御値引きすることが可能なんです。

その裏技的なコツをご紹介します。

必ず叶える!値引きの最終兵器をアドバイス

その究極の方法のカギを握るのが「現金」

大体の業者はみんな現金ならギリギリまで御値引きを検討してくれます。

金のお支払いを提案することによってショップ側ももうちょっと頑張ってくれるんです。

これはこの業界ではほぼ間違いない技的なことなのでみなさんぜひ試してみてください。