ダイエットに効果的なストレッチのコツ【むくみや冷え性にも効果あり】

ダイエットに興味を持っている女性は少なくありません。

しかし、ダイエットを始めても、家事や仕事が忙しく続けることが困難になり、断念する人も多いでしょう。

そんな人には、時間的にも金銭的にも負担が少なく、手軽に始めることができるストレッチがおすすめです。

ここでは、ストレッチのダイエット効果をはじめ、効果的なストレッチのコツを紹介しましょう。



ストレッチの効果が出るのはいつごろから?

ストレッチの効果が出るのはいつごろから?

ストレッチはどの位の期間続ければ効果が表れるの?
ストレッチは個人差があるのでバラバラだけど柔軟性があると効果は早く出る!

米国最大級のピラティス教育団体BASIピラティスの運営サイトでは「ストレッチをどれくらい継続するすれば効果が現れるのか」に対するアンサーを下記のように述べています。

ストレッチの効果が出るまでの期間は、医学的な根拠はありませんが、早い人でも2、3ヶ月はかかるとも言われています。それは先述したようにもともとの体の固さなどにも関係しています。「引用:basiピラティス

ストレッチの効果が出るのは早くて2、3ヶ月ほどかかると言われています。

早く痩せたい、減量したいと言う女性はかなり気になるところでは無いでしょうか?

ストレッチは柔軟性を高める必要があり、体が硬い人はまず柔らかくしてからになります。

繰り返すことによって柔軟性が高くなるので途中でやめたりすると体はまた硬くなってしまいます。

デスクワークが長くなったりするとストレッチの効果が失われてしまいますので毎日継続していくことが非常に大切です。

効果的なストレッチの持続時間や時間帯は?

効果的なストレッチの持続時間や時間帯は?

ストレッチは1回で60秒と長く続けるよりも、20秒~30秒位と短い時間で数回行うのが効果的だとされています。筋肉には伸び縮みを繰り返すほうが、解され柔らかくなって伸ばしやすくなるからです。「引用:basiピラティス

効果的なストレッチの持続時間は1分に2~3種類を行った方が効果的だそうですね。

ストレッチのポイントは筋肉の伸び縮みにあるので短い時間で回数を増やすように心掛けましょう。

効果的な時間帯としては1日中体温が高い時、それはいつでしょうか?

忙しい一日が終わり、一番リラックスできるタイム。

気付いている方もいるかもしれませんね、お風呂上りの直後なんです。

体温が高い時にストレッチを行う事でより効果的に代謝をアップさせることができるので皆さんもぜひ「お風呂上り、体温が高い時」に実践してみて下さい。

後ほど、また説明しますが、寝つき、むくみ、冷え性にも効果的ですよ。

ストレッチのダイエット効果について

ストレッチのダイエット効果について

ストレッチは、運動する前の準備体操程度だと思っている人も多いかもしれません。

しかし、ストレッチにはいろいろな効果があると言われています。

ここでは、ストレッチにどんなダイエット効果があるのか紹介しましょう。

関節の可動域が広がることによる効果

ストレッチをすることで、筋肉がほぐれ関節の可動域が広がり、体が動かしやすくなったり、姿勢がよくなったりします。

そうすることによって、基礎代謝がアップし、脂肪燃焼率も上がり、痩せやすい体になります。

肩まわりの筋肉をほぐすストレッチをすると、現代人に多い肩こりに効果的です。

柔軟性が上がることによる効果

ストレッチは、体の柔軟性を高めてくれます。

体が柔軟になれば、血行がよくなり、基礎代謝がアップします。

ひとつひとつの動作もスムーズになり、例えば階段の上り下りなどもしやすくなります。

結果的に、体を動かす機会が増え、脂肪燃焼に繋がります。

睡眠不足解消による効果

ストレッチを寝る前に行うことによって、体温が上昇し、寝つきがよくなると言われています。

寝つきがよければ、アンチエイジングに欠かせない成長ホルモンが一番多く分泌される時間帯(午後10時頃から午前2時頃)に睡眠をとることができ、太りにくい体になりやすくなります。

ストレス軽減による効果

ストレスが溜まると、ストレス発散のために暴飲暴食をしてしまう人もいるでしょう。

心地よいストレッチは、肉体的だけではなく、心理的にもリラックス効果があります。

ストレスが溜まる前に、簡単なストレッチで気分転換してみましょう。

むくみや冷え性改善による効果

ストレッチをすることによって、血流が促進され血行がよくなり、むくみや冷え性の改善に繋がります。

むくみを取るだけでも、脚痩せ効果があり、疲れにくくなります。

血行不良によるむくみや冷え性の改善に、ストレッチはとても効果的です。



効果的なストレッチ方法のコツ

効果的なストレッチ方法のコツ

運動が苦手な人でも、ストレッチができない人はいないでしょう。

誰でもできるストレッチですが、間違ったやり方や適当に筋肉を伸ばしているだけでは、せっかくの効果が得られません。

ここでは、効果的なストレッチのポイントを紹介しましょう。

ゆっくりと伸ばす

初めの5~10秒程度でやめてしまうと、ストレッチの効果が得られません。

20秒以上の時間をかけて筋肉を伸ばすことがポイントです。

反動をつけてストレッチを行うことは、怪我をしたり、筋肉を痛めたりする可能性があるので注意しましょう。

ゆっくりしっかりと、筋肉を伸ばすことを意識しながらストレッチをしましょう。

意識しながら行う

筋肉は、ストレッチで伸ばしたときに、負荷がかかり成長します。

適当にストレッチをしていても、筋肉は成長しません。

伸ばしている部位を意識しながらストレッチを行うことで、筋肉はより柔らかくなり、ストレッチの効果が得やすくなります。

伸ばし過ぎない

ストレッチを行うときに、痛みを我慢しながら筋肉を伸ばし過ぎると、逆に筋肉が硬くなり、体を痛めてしまうかもしれません。

心地よい程度に伸ばすことによって、筋肉もほぐれ柔らかくなり、リラックス効果もあります。

ストレッチは、正しい姿勢で行うとより効果的です。

呼吸が大切

ストレッチをするときは、息を吐きながら筋肉を伸ばしていくと効果的です。

ゆっくりと呼吸することによって、心身ともにリラックスした状態になりやすく、ストレッチ効果を高めることになります。

ストレッチ中は、息を止めずに、ゆっくりと呼吸することを意識しましょう。

効果的な時間

ストレッチをするときは、お風呂あがりや寝る前が効果的です。

お風呂あがりは、体温が上昇し血流がよくなっているので、筋肉が伸びやすく、ストレッチ効果も高くなります。

寝る前にストレッチをすると、脳も体もリラックスした状態で質のいい睡眠がとれるので、ダイエットにもいい影響を与えます。

【意外と知らない】ストレッチのメリットとデメリット

ストレッチのメリットとデメリット

ストレッチとは、筋肉を引っ張って伸ばし、ベストな状態にする運動のことです。

人間は、日常生活においていろいろな筋肉を使っています。

しかし、そのままでは筋肉はどんどんと硬くなり、動かしにくくなったり、疲れやすくなったりします。

ストレッチをすることによって、筋肉のコリをほぐし、動きをよくします。

ダイエットにおけるストレッチのメリット

ストレッチは、自分の体さえあればできる運動です。

ジムに通ったり、特殊な器具を購入したりする必要はありません。

ほとんどの人が経験したことのある準備体操やラジオ体操もストレッチのひとつなので、ストレッチができない人はいないでしょう。

いつからでも始めることができ、お風呂あがりや寝る前、テレビを見ながらなどのちょっとした時間に家で簡単にできます。

家事や仕事が忙しい人でも、気軽にチャレンジしやすいです。

ストレッチをすることによって、血行が促進され基礎代謝がよくなり、日常生活での消費カロリーも上がり、太りにくい体づくりができます。

激しい運動や辛い食事制限もないので、無理なく継続しやすいことは、ダイエットをするうえでとても大きなメリットになります。

ダイエットにおけるストレッチのデメリット

ストレッチにおけるダイエット効果でデメリットと言えるのは、すぐに体重減少などの数字的な成果が出にくいことです。

脂肪が燃焼され筋肉に変わっても、体重の変動はすぐには表れないので、効果がないと諦めてしまう人がいます。

しかし、即効性がなくても、長く続けることで体は引き締まり、見た目に効果が出てきます。

特に、むくみが原因の場合は効果が出やすいです。ストレッチでダイエット効果を期待するときは、長期間続けるつもりで始めましょう。

ダイエットを成功させるポイントとは?

ダイエットを成功させるポイントとは?

ダイエットを成功させるポイントは、長く続けることです。

できれば、少しずつでも毎日続けることが大事です。

いろいろなダイエット方法があるなかでも、ストレッチは負担が少ないので、無理なく続けやすいダイエット方法だと言えます。

ストレッチには、ダイエット効果だけではなく、血行改善・疲労回復などいろいろな効果も期待できるので、長く続けることをおすすめします。

ダイエットに効果的なストレッチのコツ【むくみや冷え性にも効果あり】
最新情報をチェックしよう!